大阪の人妻ホテヘルは希少価値が高い

19 5月 2018 | 風俗

ある人がこんな事を言っていました。3P経験した事あるか?
と、「オレ最近○○とヤった」「この間○○人とヤッた事がある」
「この間、初めて○○な事したよ」と多くのオトコは自分の女性経験を自慢したがる人種である。
他人の【その手の話】ほどアクビが出そうなものは無い。
だが「昨日の夜3Pしてさぁ」なら?「あぁそう、ふーん・・・・・はぁ?マジで???」と2度見ならぬ二度聞きするだろう。
一体どんなシチュエーションで?どんな流れから?
どんな感じで何するの?いやそれ以前に人妻ホテヘルで?
など聞きたい事はたくさんあるだろう。
とまぁこんな感じで3P体験というのは非常に希少価値が高いのである。
大阪人妻ホテヘル 大和屋難波店
経験している人は少しランクが高いようなきがする。

女性は同性に対して少しでも自分が優位にいれるように考える生き物なのです。
たとえば、同じように見えるバッグでも、この限定生産品は留め金がほかのと違っているとか、同じような化粧品でも、これはブランドの「新作」だとか、みんな同じブレザーを着るから、下に着るTシャツを派手にしようとか。基本的に周りと同じようなものを持とうとしながらも、少しだけでも細部で差をつけてやろうとするのである。男からすれば、「なんてバカらしい…そんなことで差をつけたって、男は誰も気がつきやしないのに…」と思うことだろう。しかし、その小さな優越感によって、女性は大きな満足を得ることができる。しかしそのバカらしい満足に、男性はお金を支払うのです。悲しい現状です。


Comments are closed.