高級なソープランドと聞けば

11 6月 2017 | ソープランド

高級なソープランドと聞けば財布がゆるせば1年に一度くらいは行ってみたいところだが、
逆にその贅沢さを一度味わったら後戻りが難しいという不幸な面も持ち合わせている。
最近得た情報では、あるお店のスケベ椅子が誘惑度が高いとの事。通常のスケベ椅子の発展系で、
男性が仰向けに寝そべるようにして座ると、脚を広げるような体勢になる。
その脚の間に入った女の子が股間から全身裏表まで、カラダと舌を使って癒してくれるというワケです。
一度その快感を味わったら、東京だろうと北海道だろうとはるばるお店を訪れてしまうのだという。
忘れられなくなるので、出来る限り体験しない方がいいかもしれないですね。我慢出来るかは微妙ですが。
そんな時はお手軽に遊べる雄琴のソープランドがおすすめです。
http://www.ogoto-seiryudo.net/top/
こちらの姉妹店では女の子を募集しています。

ソープ通い
上京して来た理由はいつかある。まずは仕事。
広告代理店に就職して最先端の広告に触れていたい。
それを実現できるのは東京しかないとずっと思ってました。
そして次が、都会で洗練された生活を送りたいってこと。
田舎だと何の刺激も得ることが出来ない。
それは田舎の人たちを見ればよく分かりますからね。と、ここまでが僕が上京したオフィシャルな理由です。
しかし、決して人には大声では言えない理由があるんです。それはソープです。
関東はメジャーなソープ街がたくさんあります。
東京には吉原、神奈川には川崎、埼玉には西川口。
そして、新宿、池袋、五反田、吉祥寺、上野など小さな泡街が点在しています。
まさに関東はソープパラダイス。仕事もそうなのですが、実はソープを楽しむことが一番の目的だったのです。
なので今は仕事も頑張っていますが、ソープ通いも本気です。


Comments are closed.